メイン

負債

2007年05月17日

借入金の返済は?

【問】
 今期、決算にあたって多くの利益が残りそうです。
 そこで、キャッシュに余裕のある状態なので借入金の繰上返済をして節税を考えていますが、問題はあるでしょうか?

【答】
 大きな問題があります。
 よく誤解されるのですが、借入金の返済は経費になりません。
 これは、単なる貸し借りの話の為です。

 つまり、借入時には入金された借入金は売上計上をしていないと思います。
 当然ながら逆に返済する時は経費にはならない訳です。

 この様に、入金時の逆と考えれば理解しやすいのではないでしょうか?

 ただし借入返済時の利息部分については支払利息として経費として計上できます。

 また、キャッシュが十分にあるのであれば経営上の判断で返済する事は十分に考えられます。
 ただし、前述の通り経費にはなりませんが・・・。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About 負債

ブログ「噛めばcomeほど!法人税」のカテゴリ「負債」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは諸経費です。

次のカテゴリは資産その他です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。