« 海外渡航費の取り扱い | メイン | 災害で被災した資産の評価 »

特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入その5

【質問】
 
設立1期目の前3年基準所得金額はどう計算するのですか?
 
 
【回答】
 
前3年基準所得金額の計算でいう「基準期間」は
 
通常、前期・前々期・前々々期の3事業年度となります。
 
 
しかし、設立1期目の法人には「前期」は当然、存在しません。
 
このような場合、基準所得金額は次のように求めます。
 
 
■  1期目の所得金額 + 業務主宰役員給与額 ×12 ÷ 1期目の月数

 注)期間の月数は暦にしたがって計算し、1月未満の端数は切り上げます。
 
 
つまり、1期目だからといって関係ないという規定ではなく、
 
1期目の数字を使って、しっかり計算することになっているのです。
 
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

About

2009年08月07日 09:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「海外渡航費の取り扱い」です。

次の投稿は「災害で被災した資産の評価」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。