« 特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入その3 | メイン | 繰越欠損金 »

貸倒引当金の個別評価(形式基準)

【質問】

 貸倒引当金の個別評価する際の形式基準とは?

【回答】

前回にご説明した基準のひとつ「 形式基準 」についてご説明します。

◆ 形式基準
   この基準は、金銭債権の債務者について、貸倒損失につながる法的事実が発生すると
   見込まれる場合に用いる基準です。

 ここまでは前回お伝えした内容となります。


設定する事由の例

①. 法令の整理手続の開始の申立て
A. 会社更生法の更生手続開始の申立て
B. 民事再生法の再生手続開始の申立て
C. 破産法の破産手続開始の申立て
D. 商法の整理開始の申立て
E. 商法の特別清算開始の申立て

②. 手形交換所の取引停止処分
A. 期末までに取引停止処分になったもの
B. 期末までに不渡りとなり、確定申告期限までに取引停止処分になったもの


繰入限度額は、
 
 ( 個別評価金銭債権の額 - 取立等見込額 ) × 50%


取立等見込額とは、

①. 実質的に債権とみられない金額(支払手形を除く)

②. 質権、抵当権、信用保険等により担保にされている部分の金額

③. 金融機関、保証機関により保証されている部分の金額(個人的保証を除く)

④. 第三者振出手形


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 八幡

About

2009年05月25日 01:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入その3」です。

次の投稿は「繰越欠損金」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。