« 土地とともに取得した建物を取り壊した場合 | メイン | 貸倒引当金の個別評価(形式基準) »

特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入その3

【質問】
 
特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入について、
 
どんな場合が「適用除外」となるのでしょうか?
 
 
【回答】
 
特殊支配同族会社に該当しても、次のいずれかの場合には
 
損金不算入の規定は適用されません。
 
① 前3年基準所得金額 が1600万円以下である場合
 
② 前3年基準所得金額 が1600万円を超え、3000万円以下で
かつ、次の算式を満たす場合
 ◆ 前3年基準所得金額×50% ≧ 当期前3年間の業務主宰役員給与額×12÷36
 
 
ここで問題になるのが、「前3年基準所得金額」って何だ?ということなのですが、
 
けっこうややこしい計算になりますので、
 
次回に説明させて頂きます。
 
 
「こまかい算式は見たくない!!」と思われる方はまとめの回をご参考ください。
 
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

About

2009年05月22日 08:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「土地とともに取得した建物を取り壊した場合」です。

次の投稿は「貸倒引当金の個別評価(形式基準)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。