« 定期付養老保険 | メイン | 特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入その1 »

車両を時価よりも高く下取りしてもらった時

【質問】

自動車の買替え(新車の購入価額200万円)に当たって180万円を支払い、従来使用していた自動車(簿価15万円)を20万円で下取りしてもらいました。下取車の時価は10万円です。
この場合、会計上新車の価額はいくらにしたらいいでしょうか?

【回答】

下取車の時価よりも高く下取りしてもらった時は、差額を新車価額の値引きと考えます。
つまり、200万円から差額の10万円を引いた190万円が新しい車両の会計上の取得価額になります。

【仕訳】
車両(新)  190万円    /   預金    180万円
車両売却損   5万円    /   車両(旧) 15万円

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About

2009年05月07日 21:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「定期付養老保険」です。

次の投稿は「特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入その1」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。