« 有価証券の区分 | メイン | 建設会社の工事受注の為の費用 »

貸倒引当金の計算方法

【質問】

 貸倒引当金の計算はどうするのですか?

【回答】

 貸倒引当金は売掛金や貸付金等の金銭債権に対して、将来の取立不能額を見積計算する

ことでしたよね。

ここで個別の金銭債権について取立不能の可能性があるものは、取立不能見込額を

個別に評価し貸倒引当金を計上します。

また、その他の金銭債権については、過去の貸倒実績率等に基づいて一括で評価し計上します。

◆ 貸倒引当金の対象となる金銭債権
①. 売掛金、貸付金
②. 受取手形(割引手形、裏書手形)
③. 未収加工賃
④. 未収手数料
⑤. 未収地代家賃
⑥. 貸付金の未収利息

◆ 貸倒引当金の対象とならないもの
①. 預貯金、公社債の未収利子
②. 保証金、敷金
③. 手付金
④. 前渡金
⑤. 立替金、前払金、仮払金(旅費や交通費など)

【注意点】

個別評価する場合は、一定の事由とそれぞれの限度額があります。

一括評価する場合は、業種ごとに限度額が設定されています。

これら限度額などの細かな内容は次回ご説明します。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 八幡

About

2009年05月11日 01:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「有価証券の区分」です。

次の投稿は「建設会社の工事受注の為の費用」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。