« 長期平準定期保険 | メイン | 中小企業者等の少額減価償却資産 »

受取配当等の益金不算入 VOL3

【質問】

受取配当等の益金不算入の対象とならない配当について教えて!

【回答】


前回は益金不算入の対象となる配当金についてでしたが、
今回は益金算入の対象となる配当金についてです。


① 外国法人、公益法人等及び人格のない社団等から受ける配当
※ 上記については、法人税が課税されていないため、2重課税の概念がない為です。

② 保険会社の契約者配当金
※ 上記については、契約者から預かった保険料とともに、保険会社が経営努力を払った結果に生じた剰余金を、契約者に返すという性格のものだからです。

③ 協同組合等の事業分量配当金
※ 上記については、協同組合の方で経費として、計上できるため、1度も課税がされていない為です。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About

2009年04月02日 08:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「長期平準定期保険」です。

次の投稿は「中小企業者等の少額減価償却資産」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。