« 工事進行基準の改正点 (平成20年度) | メイン | がん保険の取り扱い・計算方法 »

創立費

質問】
 このたび、会社を創業しました。
 これにかかった費用はどうしたらいいのでしょうか?
 
【回答】
創業時にかかった費用(例えば登記代など)は創立費として、繰延資産に計上されます。

費用についてですが、企業会計の繰延資産の取扱は会社法計算規則によると、会社成立の時から5年間以内で定額法により償却することとなります。
 
 ただ、税法上創立費は、費用化が任意償却となっているので、支出した事業年度に全額費用として計上し、繰延資産に計上しない方法も認められています。

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士<砂原>

About

2009年04月21日 05:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「工事進行基準の改正点 (平成20年度)」です。

次の投稿は「がん保険の取り扱い・計算方法」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。