« 平成21年税制改正!!(2009/4/1) | メイン | 仕掛品 »

少額減価償却等のまとめ

【質問】
 
10万、20万、30万と出てきたけど、
 
結局どれを選んで、どういう処理をすれば良いの?
 
 
【回答】
  
ここで今まで出てきた
 
①少額減価償却資産(10万円未満)
 
②一括償却資産(20万円未満)
 
③中小企業者等の少額減価償却資産(30万円未満)
 
の実際の適用についてまとめてみましょう。
 
①~③の適用要件はすべて満たしているものとし、
 
当期は黒字を出しており、少しでも経費を多くしたほうが
 
税額が少なくなるものと仮定してご説明します。
 
 
まず、資産が10万円未満のものは、①により全額経費にしましょう。
 
次に、10万円以上30万円未満の資産は③により全額を経費にします。
 
ここで気をつけなくてはいけないのは、
 
③により全額を経費にできるのは、1年間あたり300万円まで
 
に制限されているという点です。
 
ですので、この限度枠に達してしまった場合、
 
10万円を超える資産について選択できるのは、
 
②か通常の減価償却のいずれかになります。
 
場合によっては②の方が不利になることもありますので、
 
ご注意ください。
 
 
 
取得価額が30万円を超えるものは、①~③の適用を受けることが
 
できませんので、通常の減価償却を行うことになります。
 
  
※ 中小企業者とは、資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人で一定のものなどをいいます。
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

About

2009年04月10日 08:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「平成21年税制改正!!(2009/4/1)」です。

次の投稿は「仕掛品」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。