« 中小企業者等の少額減価償却資産 | メイン | 工事進行割合の計算 »

製造業の加工費

【質問】
当社はある部品加工メーカーの下請業を営んでいます。部品は全て無償支給され当社では若干の経費しか負担しません。これにかかる費用で、期末に未完成のものについては棚卸資産に計上するべきですか?

【回答】
製造に関する費用については直接的な経費である原材料などの経費はもちろんのこと、他にかかる労務費などの間接的な経費についても、棚卸資産の取得原価に含めることとされています。
したがって、質問の場合は、部品等の原材料などの直接的な経費の負担は全くありませんので棚卸資産の計上は必要ありませんが、製造にかかる労務費、消耗品費などの間接費用分を棚卸資産として計上する必要があります。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 <伊吹>

About

2009年04月04日 16:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「中小企業者等の少額減価償却資産」です。

次の投稿は「工事進行割合の計算」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。