« 製造業の加工費 | メイン | セールアンドリースバックの税務処理③ »

工事進行割合の計算

【質問】

工事進行基準における工事進行割合は「 期末までに要した工事原価の合計額 」を

「 期末時の現況での工事原価の見積額 」で割ったものでしたよね。

これは、会計上の「 未成工事支出金 」の金額としてよいのでしょうか?

【回答】

「 期末までに要した工事原価の合計額 」ですから、その工事にかかる「 未成工事支出金 」

と同じようなニュアンスですが、実際は以下のような違いがあります。

意味合いとしては、

「 期末までに要した工事原価の合計額 」は、期末現在までに実際に投入された原価

「 未成工事支出金 」は、期末現在までに支払われた金額

とされます。

よって、基本的に未成工事支出金の金額のほうが大きくなり、下記の原因が考えられます。

①. 下請業者に出来高を超え支払をしている( 「前渡金」になります )

②. 工事現場に搬出された未使用の材料( 材料として次期の費用となります )

③. 将来他の工事現場で使用される仮設材料( 減耗損を超える金額は「貯蔵品」 )

④. 工事現場の休憩所、労務者の宿舎など
  ( 減価償却費、減耗損を超える金額は「建物」、「貯蔵品」 )

⑤. 下請業者、労務者等に対する「貸付金」「立替金」「仮払金」など

 このようなことから、未成工事支出金の金額を工事進行割合の計算には使用せず、

 現場ごとに台帳を作成して「期末までに要した工事原価の合計額」を集計しましょう。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 八幡

About

2009年04月06日 01:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「製造業の加工費」です。

次の投稿は「セールアンドリースバックの税務処理③」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。