« 受取配当等の益金不算入 VOL3 | メイン | 製造業の加工費 »

中小企業者等の少額減価償却資産

【質問】
 
30万円未満の資産を購入したときは、全額経費で落とせるって聞いたけど
 
それって本当??
 
 
【回答】
 
はい、30万円未満の資産はある条件を満たせば、
  
その全額を、使用を始めた期の経費とすることができます。
  
条件は次のとおりです。
 
 
まず、青色申告書を提出する中小企業者※1でなくてはならず、
 
損金経理していることも条件となります。
 
取得の時期は、平成18年4月1日から平成22年3月31日の間に限られます。
 
 
そして、経費とすることができるのは、
 
その期において、この規定を適用しようとする資産の取得価額の合計額が
 
300万円※2に達するまでに限られています。
 
 
と、かなり厳しい条件のように書きましたが、
 
実務でもよく見かける処理ですので、覚えておいて損はないでしょう。
 
 
※1 中小企業者とは、資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人で一定のものなど
をいいます。
※2 事業年度が1年に満たない場合には、300万円を12で除し、これに月数を乗じて
計算した金額となります。
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

About

2009年04月03日 08:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「受取配当等の益金不算入 VOL3」です。

次の投稿は「製造業の加工費」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。