« 長期平準定期保険の税務上の取り扱い | メイン | 少額減価償却等のまとめ »

平成21年税制改正!!(2009/4/1)

【質問】

平成21年の税制改正で法人税が安くなるって聞いたのですが、本当ですか?

【回答】

はい!本当です。
しかし、厳密には、法人税率が下がったので赤字の会社には実質的には下がったとはいえないですね。

内容はというと
中小法人等で平成21年4月1日から平成23年3月31日までの間に終了する各事業年度の所得の金額のうち年800万円以下の金額に対する法人税の軽減税率を現行の22%から18%に引き下げとなりました。

※ 中小法人等とは、次の法人をいいます。
① 普通法人のうち各事業年度終了の時において資本金の額若しくは出資金の額が1億円以下であるもの又は資本若しくは出資を有しないもの(保険業法に規定する相互会社等を除く)
② 法益法人等
③ 協同組合等
④ 人格のない社団等

※ 協同組合等又は特定医療法人が連結親法人である場合は、各事業年度の所得の金額のうち年800万円以下の金額に対して現行の23%から19%に引き下げとなります。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About

2009年04月09日 09:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「長期平準定期保険の税務上の取り扱い」です。

次の投稿は「少額減価償却等のまとめ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。