« 欠損金 | メイン | セールアンドリースバック »

工事進行基準

【質問】

工事進行基準について教えてください。

【回答】

工事進行基準とは、工事の進行割合によって収益と費用を計上することをいいます。

法人税法では、請負工事による損益計上は工事が完成し引き渡したときに計上する

ことが原則とされていますが、会計の慣習との調整などから、

長期大規模工事については「工事進行基準を強制する」とされています。

また、それ以外の工事についてもその選択を認められています。

■長期大規模工事
 これはその工事の契約において、次の要件を満たす工事をいいます。
① 着手の日から目的物の引渡の日までが2年以上である
② 請負金額が50億円以上であること
③ 請負金額の半分以上が目的物の引渡日より1年以降の日に
支払われることが定められていないこと
この判定は契約ごとに判定します。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士

About

2009年03月16日 01:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「欠損金」です。

次の投稿は「セールアンドリースバック」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。