« 中小企業投資促進税制 | メイン | リース取引の概要 »

減価償却vol8

【質問】
IT関係の機械を買ったら優遇されると聞いたのですが?
【回答】
平成20年度の税制改正により、情報基盤強化税制の規定が延長されました。
情報基盤強化税制とは青色申告書を提出する法人が特定の情報基盤強化設備を取得した場合、特別償却か特別控除を受けられる規定ですが、これが、2年間の延長になりました。
また、対象資産も以前の規定より取得価格の最低限度が大幅に引下げになりました。

用件は以下の通りとなります。
① 資本金または出資金の金額が1億円以下の法人等・・・70万円以上
② 資本金または出資金の金額が1億円超、10億円以下の法人・・・3000万円以上
③ 資本金または出資金の金額が10億円超の法人・・・1億円以上(適用対象は200億円まで)

情報基盤強化設備等の範囲は以下の通りとなります。
国際標準化機構ISO及び国際電機標準会議IECの規格15408に基づき評価・認証された次のソフト等
① 基本システム 
イ サーバー用のオペレーティングシステム
ロ サーバー用の電子計算機
 (上記イのOSが書き込まれたもの)
② データベース管理ソフトウェア
③ ファイアーウォールソフトウェア
④ 部門・企業間で分断されている情報システムの連携ソフトウェアのうち一定の技術的要件を満たすもの。

適用措置
① 特別償却の償却限度額
  取得価額×35%
② 特別控除税額
  取得価額×7%
ただし、法人税額の20%を限度とする

大阪の税理士 
東京・渋谷の税理士

About

2009年03月03日 17:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「中小企業投資促進税制」です。

次の投稿は「リース取引の概要」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。