« 定期同額給与 Vol 3 | メイン | 事前確定届出給与 Vol 1 »

減価償却 Vol.2

【質問】 新しい減価償却制度って何?
 

【回答】 平成19年4月1日以後に取得をする減価償却資産については

    償却可能限度額(取得価額の95%相当額)及び残存価額が廃止

    されたことによって、耐用年数経過時点に1円(備忘価額)まで

    償却できることになりました。

     但し、定率法(はじめに多額の償却できる方法)を採用している

    場合には、定率法で計算した減価償却費が一定の金額を下回るとき

    には定額法(均等に償却する方法)に切り替えて償却していきます。


  <参考> 償却の計算式


      定額法(旧)→取得価額×0.9×旧定額法の償却率

      定額法(新)→取得価額×新定額法の償却率


      定率法(旧)→期首簿価×旧定率法の償却率

      定率法(新)→期首簿価×新定率法の償却率


        期首簿価=取得価額-既に償却が済んだ金額


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税


About

2007年10月30日 19:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「定期同額給与 Vol 3」です。

次の投稿は「事前確定届出給与 Vol 1」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。