« 受取利息 Vol 1 | メイン | 設立届出書 »

受取利息 Vol 2

【質問】

 受取利息について詳しく教えてください

【回答】

 前回では、一般企業のほとんどは特例を適用し受取時にその受取額を計上

していることをお伝えしました。


 今回は、この「受取額を計上」についてお話します。

これは預金の利子について、実際に口座に入金された額を「受取利息」として計上する意味です。

でも、実際は受取時に20%(国税15%・地方税の利子割5%)の源泉税が差し引かれているのです。

 仕訳では以下のようになります。

 【例】 現金預金 3,200円 / 受取利息 4,000円
     租税公課  800円  /


 ただし、この「租税公課 800円」部分は、申告の際に法人税や都道府県民税から

控除することができるため、期中の処理は受取額(3,200円)だけを

「受取利息」として計上いるのです。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年07月30日 19:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「受取利息 Vol 1」です。

次の投稿は「設立届出書」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。