« 圧縮記帳 | メイン | 中間申告 vol 1 »

使用人兼務役員

【質問】
使用人兼役員ってなんですか?

【回答】
 使用人兼務役員とは会社の役員のうち次の用件を満たす人の事を言います。
 
 ① 部長、課長などの職制上の地位を有している事
 ② 常時、その職務に従事している事
 ③ 同族会社の役員で一定の株数以上を持っていない事

 この場合は会社の役員と従業員の性格を併せもっているという事でその取り扱いも中間的なものとなります。
 ただし、社長、理事長、専務などの代表権等の肩書がある人は使用人兼務役員にはなれません

 もし、使用人兼務役員に該当すれば、次の用件を満たせば役員なのに賞与が出せたりもします。
 ① 他の従業員と同一の時期に支給する事
 ② 使用人相当額として妥当な金額である事
 ③ 費用経理している事

 このように、該当すれば有利な点もありますので、検討してみては如何でしょうか?

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年07月05日 08:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「圧縮記帳」です。

次の投稿は「中間申告 vol 1」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。