« 同族会社の特別規定 | メイン | 減価償却について #4 »

寄付金の損金算入

【質問】
今期において某団体に寄付を考えています。
これは経費になるのでしょうか?

【回答】
まず、寄付金とは税務上次の3区分に分けられます。

① 指定寄付金(日赤、公立学校、義援金など)
② 特定寄付金(日赤の事業費、独立行政法人、認定NPOなど)
③ その他の寄付金

まず、①の指定寄付金は全額、損金として経費になります。
次に②については一定額(最大で損金算入限度額の2倍)まで損金として経費になります。
さして③についても一定額(最大で損金参入限度額)まで経費になります。

なんか、微妙な表現ですね。
寄付金の計算は複雑なので専門家にお尋ね下さい・・・。

ただ、目安として②、③の損金算入限度額については資本金の0.25%と所得金額の2.5%の平均値となります。

ですので、実際に各会社に当てはめると①以外は殆ど経費にならない事が分ります。

また、その寄付金が法人税法上寄付金となるかの判定も必要です。
内容によっては、役員賞与に認定される場合もあります。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税


About

2007年07月02日 20:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「同族会社の特別規定」です。

次の投稿は「減価償却について #4」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。