« 特別償却 | メイン | 交通反則金について »

同族会社って何?

【質問】
同族会社って言葉を聞いたのですが、どういう会社が該当するのですか?

【回答】
同族会社とは次の会社を言います。

① 会社の株主を両親、子、配偶者、兄弟などの関係者を一つのグループとします。
  つまりは、自分と両親等の親族が株を持っているとそれを一つのグループとします。

② そのグループごとに持ち株比率を算出します。

③ 上位3グループの持ち株比率を合計します。

この結果が50%以上となると同族会社としての取り扱いを受ける事になります。

たとえば、自分:30%、妻20% 友人A:20% 友人B20% 友人C:10の会社なら自分、妻、友人A、友人Bまでが上位3グループになりその合計が90%となるので同族会社となります。

この同族会社との判定を受けるとこの会社は個人の意見が介入しやすくなるため、幾つかの縛りの規定が設けられています。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年06月21日 21:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「特別償却」です。

次の投稿は「交通反則金について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。