« 減価償却について #2 | メイン | 減価償却について #3 »

助成金の取り扱い

【質問】
 弊社は今期に助成金を受ける事が出来ました。
 ただ、知り合いに税金がかかると聞いたのですが本当でしょうか?

【回答】
 本当です。
 法人は売上だけでなく、何か経済的な利益を得た場合、例えば土地をただでもらった場合などは収入としなければなりません。

 今回の助成金も同様に収入となってしまいます。
 もちろん返さなければならないもの、まだ返還義務がない事が確定していないものは収入とはなりません。

 しかし、国からの資金をもらってもすぐに税金として取られると意味がないのでは?
 と考えられる方もいらっしゃるかと思いますが、実はその通りなんです。

 一応の考え方として、助成金を申請する場合は何かの資金使途があって助成金を申請するので、収入と支出がイコールとなる為一応税金がかからないとしています。

 また、固定資産を購入した場合は、購入時に一括経費にならない代わりに圧縮と言う処理(一種の特別償却)がみとめられています。

 ただ、どちらの場合も助成金が収入とされている点には代わりがありませんので注意が必要です。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年06月14日 09:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「減価償却について #2」です。

次の投稿は「減価償却について #3」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。