« 車両の付随費用の取扱 | メイン | 減価償却について #2 »

同族会社

【質問】

別表二「同族会社等の判定~」とありますが同族会社って何ですか?

【回答】

現在約250万あるといわれている日本の会社の大部分は、

親類縁者によって作られた同族会社です。

税法で同族会社というのは、3人以下の株主とその同族関係者の持っている

株式数の合計が発行済株式数の50%超の会社のことです。


また、同族会社のうち、株主の一人とその同族関係者の持っている株式の金額の合計額が、

その会社の発行済株式数の50%超となる会社「特定同族会社」とされます。

このように、一株主グループだけで50%超となる会社には留保金課税がおこなわれます。

この判定を別表二でしているのです。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年06月11日 18:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「車両の付随費用の取扱」です。

次の投稿は「減価償却について #2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。