« 繰延資産って? | メイン | 同族会社 »

車両の付随費用の取扱

【質問】 
 車両を購入したのですが、同時に自動車取得税などの付随費用を支払いました。
 これらについては、減価償却をしないといけないのでしょうか?

【回答】
 自動車本体に関しては減価償却を通じて毎年少しずつ経費になって行きます。 
 ただし次の費用については、そのまま経費として処理できます。
  ① 重量税
  ② 自動車税
  ③ 自賠責保険

 また、次の費用については車両の本体価格に含めずに経費処理する事も認められています。
  ④ 取得税
  ⑤ 検査登録費用
  ⑥ 車庫証明費用
 
 これは①~③ については自動車の取得経費ではなく、取得後の事後的な費用と考えられる為です。また、④~⑥については租税公課的な費用となり、資産計上・費用計上は法人の任意とされてい ます。

 ですので、車両の購入については、本体部分の償却費はもちろんそれ以外にも意外と経費となります。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年06月07日 13:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「繰延資産って?」です。

次の投稿は「同族会社」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。