« 減価償却についてどうしたって? | メイン | 車両の付随費用の取扱 »

繰延資産って?

【質問】

貸借対照表に載っている「繰延資産」ってなんですか?

【回答】

繰延資産は減価償却資産と違い、その支出した金額の効果が1年以上あると考えられるものを

一回の経費として考えず、一度資産に計上してから合理的に効果があると考えられる期間内で

均等に償却していくものです。

法人税法上繰延資産として取り扱われるのは次のとおりです。

 1 自己が便益を受ける公共的施設又は共同的施設の設置又は

改良のために支出するその他の費用

 2 資産を賃借し又は使用する為に支出する権利金、立退料その他の費用

 3 役務の提供を受けるために支出する権利金その他の費用

 4 製品等の広告宣伝の用に供する資産を贈与したことにより生ずる費用

 5 1から4までに掲げる費用のほか、自己が便益を受けるために支出する費用 

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年06月04日 20:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「減価償却についてどうしたって?」です。

次の投稿は「車両の付随費用の取扱」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。