« 役員退職金 | メイン | 決算賞与 »

修正申告って?

【質問】
 決算が先日終了し、法人税も納付しました。
 しかし、その後に売上の計上漏れが発見されました。この場合はどのような手続きを取ればよいのでしょうか?

【回答】
 この場合は、修正申告という手続きをしなければなりません。
 修正申告とは、読んで字の如く前回提出した確定申告書を修正する為の申告書です。

 一般的には、税務調査によって間違いが指摘され修正申告する場合と自らが見つけて修正申告する場合があります。
  
 もし、税務調査で初めて修正申告する場合は過少申告加算税が課税されます。一方、自己申告の場合はこの過少申告加算税は課税されません。
  ただし、延滞税はしっかり日数計算で取られますので完全に間違いなのなら早めの申告をお勧めします。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年05月02日 12:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「役員退職金」です。

次の投稿は「決算賞与」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。