« 利益と所得はどうちがうの? | メイン | 出張行くときに日当だしたいねんけど・・・ »

役員の給与と従業員の給与の違い

【質問】
 役員の給与と一般の従業員の給与の取り扱いに違いがあると聞いたのですがどういったところがるのですか?

 【回答】
 法人税では役員さんに支給する給与は役員報酬として呼ばれ、一般の従業員の給与とは異なった取り扱いをされています。
   
 例えば、役員報酬については定時同額給与と言われ毎月同じ時期に同じ金額を支給する事が求められており、基本的には事業年度中に報酬額を変更する事は認められていません。
 しかし何年も同じ金額で支給しなければならないと言うわけではなく、決算明け3月以内に限っては変更が認められています。
 ただ、この期間後の変更については変動させた部分が経費と認められない可能性もありますので注意が必要です。

 他にも、役員報酬の金額は株主総会で決定しなければならいなど、通常の従業員給与と比較して数々の縛りがあります。
 
特に中小企業では役員=株主といった場合が多く役員報酬について自由に決定できるための規制措置です

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年04月11日 19:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「利益と所得はどうちがうの?」です。

次の投稿は「出張行くときに日当だしたいねんけど・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。