« 役員賞与の取り扱い | メイン | 1年分前払いの家賃 »

売上の計上時期について

【質問】 

もうすぐ決算日なのですが売上を入金したときに計上しております。
このまま進めても大丈夫ですか???


【回答】
    
もちろん駄目です!まず売上の計上についてなんですが
御社がされている処理は現金主義と言い、税務会計的には実現主義で
処理するのが原則です。
    
そして売上の計上時期についてですが、御社がどのような業種か不明ですが
以下に一般的な売上の計上時期を記載いたします。
    
① 商品・製品の販売・・・引渡しの日(出荷・検収・納品日)
② サービス・・・・・・・役務の提供を完了した日
③ 請負収益・・・・・・・目的物の完成又は役務の提供が完了した日
④ 委託販売・・・・・・・受託者が委託品の販売をした日
⑤ 試用販売・・・・・・・相手方が購入の意思表示をした日
⑥ 工事請負・・・・・・・工事進行基準または工事完成基準のいずれか
                 選択適用
   
    
更に決算前後では帳端についても把握しなければなりません。
例えば、3月決算の会社で20日締めだとすると21日~31日部分
これを帳端と言います。その部分についても売上として今期に計上
しなければなりません。

About

2007年04月20日 21:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「役員賞与の取り扱い」です。

次の投稿は「1年分前払いの家賃」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。