« 出張行くときに日当だしたいねんけど・・・ | メイン | 役員賞与の取り扱い »

5,000円以下の飲食費

【質問】

「5,000円以下であれば交際費にあたらない」ってどういうことですか


【回答】

正しくは、
『 得意先等との飲食費のうち、一人あたり5,000円以下は交際費に含めなくてもよい 』
というものです。

そして次の項目を確認してください。

平成18年4月1日以後開始事業年度からの飲食等の費用

②「一人あたり5,000円以下」ですから、『総額÷参加人数≦5,000円』で算定

③下記の内容が記載されている証拠書類の保存が必要です
・飲食等のあった年月日
・飲食等に参加した人数
・飲食費用の額、飲食店の名称、所在地
・その他参考となる事項
※総額が大きい場合は、「飲食等に参加した人の氏名、名称、その関係」
も記載しておけば良いでしょう。

上記の要件をクリアしていれば『会議費』として計上することができます。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年04月16日 21:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「出張行くときに日当だしたいねんけど・・・」です。

次の投稿は「役員賞与の取り扱い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。